投資信託

【投資信託】基準価額、安いからって買ってない?

girl

単純に「安ければいい」わけではない「基準価額」

正しい投資信託の選び方を理解するためにも、今一度「基準価額」を見直しましょう!

そもそも基準価額って何?

投資信託の基準価額とは「投資家の取り分である純資産の総額を総口数で割る」ことにより算出されるものです。

fund

??純資産総額?口数?

謎の言葉が出てきましたね。

これは、投資信託の始まり方(一般に「設定」と呼びます)を理解すれば簡単にわかります。

 

投資信託の設定

まず投資信託は、基本的に1口=1円という形で募集がかけられます。

そして、投資家達から100万口(=100万円)集まった場合、

この100万円が純資産総額100万口が総口数として設定されます。

fundstart

上の図で言うと、基準価額は

純資産総額100万円 ÷ 総口数100万口 = 1円

ですね。

証券会社などに記載されている基準価額は、大抵1万口あたりの基準価額ですから、実際の表記は1万円となるでしょう。

 

そしてこの集まった100万円の純資産総額を、プロ(ファンドマネージャー)が運用して増やしていくのです。


基準価額はなぜ動く?

基準価額が動く要因は大きく分けて2つあります。

要因1「運用益」

集まった100万円の純資産は、ファンドマネージャーによって運用されます。

運用がうまくいき、倍の200万円になったとしましょう。

この時、口数は100万口のままです。

invester

基準価額は、

純資産総額200万円 ÷ 総口数100万口 = 2円

(1万口あたりの基準価格は2万円)

ということになりますね。


要因2「分配金」

投資信託には分配金という仕組みがあります。

分配金とは、運用で得た利益を投資家に分配するものです。

 

そして、これも基準価額を変化させる要因になります。

例えば純資産総額から30万円の分配金が支払われたとします。

Dividend

すると純資産総額は170万円になりますね。

総口数が引き続き100万口だった場合、基準価額は

純資産総額170万円 ÷ 総口数100万口 = 1.7円

(1万口あたりの基準価額は1万7,000円)

となるわけです。

なので、分配金が支払われた後は、その運用に関係なく基準価額は安くなります


基準価額は投資判断には使えない?

基準価額がどう決まるかを理解したところで、次は設定日のお話です。

この”設定日”ですが、「投資信託の投資判断に基準価額は関係ない」と言われる大きな理由の一つになります。

例えば下図のように同じA株に投資をしているX投信とY投信があったとします。違いは設定日だけです。

fund1

 

※基準価額はすべて1万口あたりの価額を記載

投資家の行動(黄色部分)に注目してみてください。

【A株が1万円の時】

A株を投資対象とする基準価額が2万円のX投信1万円のY投信を、それぞれ同額(1万円分)購入しています。

 

基準価額がY投信の方が安いため、X投信は5,000口、Y投信は1万口と購入できる口数はY投信の方が多くなります

 

しかし、、

 

【A株が2万円に上昇した時】

X投信、Y投信への投資額は、どちらも同じ2万円となっています。

 

このように、設定日が異なることによって、基準価額が異なる投資信託であっても、投資対象の上昇率(または下落率)が同じであるならば、得られるリターンは同じになります。

 

いかがでしょうか。

基準価額が安いかどうかは、投資判断に活用することができないということがわかります。

重要なのは、その投資信託がどのような資産を投資対象としているか、また、その投資対象が今後どの程度上昇するのか、結局はこれらに尽きるのではないでしょうか。


高い方が運用成績がいいってことでは?

一概にそうとは言えません。

お気付きの方もいるかもしれませんが、分配金の影響があるからです。

いくら運用成績が良くても、分配金の支払い直後は基準価額は下がります。

分配頻度が多い毎月分配型や高分配の投資信託などは、基準価額が下がりやすい傾向にあります。

運用成績を見たいならコレ!

そこで出てくるのが、分配金再投資基準価額です。

分配金再投資基準価額とは、純資産から取り崩したはずの分配金を再投資に回し、分配金の支払いが無かったものとみなした基準価額です。

 

分配金再投資基準価額は「1万円でスタートしたファンドが運用実績により今いくらなのか」を表しているので、単純にファンドの運用成績を見るのに適しています。

例えば、分配金再投資基準価額が1万2,000円の投資信託は、設定来で20%のリターンを得ていることになりわけです。



まとめ

ポイント

・基準価額が動く要因は「運用益」と「分配金」の2つ

・基準価額が高い = 運用がうまい わけではない

・基準価額が安いかどうかは、投資判断には使えない

・運用実績をみたいなら、分配金再投資基準価額を見るべき

 

資産形成には欠かせない存在となった投資信託。

是非正しく理解して、賢く資産形成をしていきましょう。

 

ABOUT ME
miniko
Instagramにお金の話を投稿し始めて9ヶ月 フォロワー2.7万人達成! ■元為替ディーラー(銀行員) ■元運用会社(リスク管理部門) ■証券アナリスト1次(2次は取ってません?) ■FP ■金融工学専攻 ■デリバティブ開発 ■アプリ開発 ■0歳児ママ 「本当に役に立つ金融教育」「投資信託」の普及に力を入れています。